朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

モンガに散る

「モンガに散る」 ~ニウ・チェンザー監督の作品への思い

2010年台湾で台湾映画として歴代1位の興行成績を収め、第47回台湾金馬奨ではイーサン・ルアンが主演男優賞を受賞、さらには第83回アカデミー賞外国語映画賞に台湾代表作品として選ばれた「モンガに散る」。

舞台は1980年代の台北一の歓楽街、モンガ。商業の中心地であるが故、黒社会の抗争が絶えない。そのモンガに生きる5人の少年たちの物語。

約40年続いた戒厳令が解かれようと変革の時を迎えていた頃、若者たちは最初は生き生きとし、極道の世界で生きていくことに誇りを持ち、義兄弟の契りを交わすほど友情を信じていた。しかし、きれい事だけでは済まされない世界、次第に厳しい現実に直面していく……。

友情と絆(きずな)、そしてそれぞれに待ち受ける運命を、疾走感あふれる映像とエモーショナルな演出で描いている。5人の青春映画として見ると、これまでにない新鮮な作品として、見るものを惹(ひ)きつけるに違いない。

そんな本作は、アジアの巨匠ジョン・ウー、ピーター・チャン、ホウ・シャオシェンにも絶賛されたほどの秀作だ。監督を務めたニウ・チェンザーは、子役から人気俳優、TVドラマの人気プロデューサーを経て、ついに映画監督となった才能の持ち主であり、台湾映画界の未来を担う。

そんな監督から映画製作の経緯や思いを伺った。

  • もっと読む
2010年12月14日
モンガに散る
映画配給および宣伝各社の担当
トラックバック (0)
バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。