朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

シャッター アイランド

久しぶりの本格ミステリー作品 ~シャッター アイランド

精神を病んだ犯罪者だけを収容している病院であり監獄でもある島「シャッターアイランド島」。そこに収容されている女性患者が、鍵のかかった病室から突然消えた。厳重な警備の中、消えるはずのない場所から煙のように消えた女性。この島で何が起こったのか……。

失踪(しっそう)事件の捜査に訪れたのがテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)。女性患者の病室に残された「4の法則」なる暗号、なぜか厳重に警備されている灯台、口裏を合わせたような証言、休暇中の医師など、何かがおかしい。

この島はなにをたくらんでいるのか……。

  • もっと読む
2010年03月29日
シャッター アイランド
映画配給および宣伝各社の担当
トラックバック (0)

キレのいいディカプリオの演技に酔う ~シャッター アイランド

マーティン・スコセッシが監督、レオナルド・ディカプリオが主演。原作は「ミスティック・リバー」などで知られるデニス・ルへインとくれば、面白くて当たり前、と観(み)る側の期待は高い。その期待にきちんとこたえるのがプロの仕事なのだ、としみじみ痛感。ハリウッドの売れっ子が集結した「シャッター アイランド」はミステリーの秀作だ。

  • もっと読む
2010年03月19日
シャッター アイランド
近藤深雪
トラックバック (0)

テディが島に来た本当の理由は? ~シャッター アイランド

映画を見終わって、最初に思ったのが「ビューティフル・マインド」っぽいな、だった。「ビューティフル・マインド」は全体的に重厚な重苦しい感じの作品で、雰囲気は全く違うのだが、なぜか同じベクトルを感じた。精神的な病を中心にすえているからだろうか。

  • もっと読む
2010年03月12日
アーリー
シャッター アイランド
トラックバック (0)
バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。