朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

ウェデイング・ベルを鳴らせ!

個性派俳優、動物たちが大集合、サーカスのようなワクワクムービー ~ウェデイング・ベルを鳴らせ!

旧ユーゴスラビア出身のエミール・クストリッツァといえば、「パパは、出張中!」(1985年)「アンダーグラウンド」(95年)で2度のカンヌ映画祭パルム・ドールを受賞。世界中にファンの多い映画監督の一人だ。彼の作品はいつもエネルギッシュでポジティブ。バルカン半島を舞台に、どんな局面でもユーモアと希望をもって切る抜ける人間のたくましさを見せてくれる。過去の作品には、祖国がたどった過酷な歴史、戦争の爪あとを背景に交えたものもあるが、今回はストレートなロマンチック・コメディー。とにかく楽しい気分に浸りたい人におすすめの1本だ。

  • もっと読む
2009年04月27日
ウェデイング・ベルを鳴らせ!
近藤深雪
トラックバック (0)
バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。