朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

アーリー

この秋~冬の映画をちょっと紹介

 10月22日~30日に六本木ヒルズを中心に開催された東京国際映画祭。コンペティション部門では各国から力作が集まり、グランプリを目指していたが、その他、多くの作品が上映されている。コンペティション部門ではなく、映画祭の中で上映された今秋以降公開の邦画を紹介する。

 まずは、11月9日より公開された「アントキノイノチ」。2009年に発売されたさだまさしの原作を、「余命1ヶ月の花嫁」らのスタッフが制作した作品。主演も「余命1ヶ月の花嫁」と同じ栄倉奈々、相手役には昨年、日本アカデミー賞優秀助演男優賞に選ばれた岡田将生。現代の世相を反映したような、ある出来事をきっかけにコミュニケーションがうまく取れなくなった若者2人が遺品整理という死に向き合う仕事を通して、生きる意義を見つけていく。そして、2人はすれ違いながらも心を通わせていく―という内容。
 フレッシュな2人が登場することで、重々しい内容の作品が心持ち軽くなってはいるが、少々その軽さがマイナスになってしまっている感もある。遺品整理業という、無縁社会という言葉が散見される中登場してきた仕事を通して、現代社会の多くの人が持つ寂しさや、コミュニケーションの煩わしさを浮き彫りにしているのは、どうやってこれから先生きていくのか考える時を与えてくれる。☆☆★★★

 続いては、「ハラがコレなんで」(11月5日公開)。海外の映画祭で特集上映が行われるなど、世界中から高い評価を受け、若き奇才と言われる石井裕也監督の作品。主演は仲里依紗、彼女は若いながらも華がない役を上手に演じている。というよりは、周りの出演者陣に実力者がそろい、与えられた役の個性を出しているからそう見えるのかもしれない。会ったことが無いので本当にそうなのかは分からないが、ラジオでのインタビューなどを聞くと、今回仲が演じている光子は彼女によく似た性格なので、特に何かを仕込むことなく演じられており、無理に役を作っている感じがなく、しっくりきているのかもしれない。石井監督は仲の性質を見抜いていたから彼女を起用したのかな?
 作品は邦画に時折見られる貧乏(お金に困っている)を背景に、お金だけが人生じゃない。といったコメディー映画。くだらないし、あり得ないけど、笑えて、観た後にスキッとした感覚と何かホッとした温かみを感じることができる。上映中は多くの観客から笑いが起こり、特に外国の方には石井監督作品ではおなじみの稲川美代子演じる男勝りの清がうけたようで、彼女の登場場面では、多くの笑い声があふれた。心に残る映画、とは異なるがコメディー映画というカテゴリでは優れた作品に違いない。☆☆☆★★

 次は、三谷幸喜の新作「ステキな金縛り」(10月29日公開)。本人が「構想10年以上!」と言っている作品。10年以上練られてきたのか真偽のほどは定かではないが、そう話している通りの力作。本当に面白い。出演者は三谷作品ではおなじみの面々、西田敏行、中井貴一、深津絵里、竹内裕子、小日向文世らと豪華な顔ぶれになっている。
 作品は有能だった弁護士を父に持つ、頼りない弁護士の宝生(深津)の成長の過程を描いた物語。宝生が担当になった殺人事件、その被告人は無罪を主張する。アリバイがあるのだが、そのアリバイの証人は、落ち武者の幽霊。落ち武者(西田敏行)、宝生、検事(中井貴一)を中心に、話しが進んでいく。西田と中井の掛け合いは絶妙で、観客を場面に引き込んでいくと同時に笑える。劇場内の観客からは大きな笑い声があふれた。深津は勝ち気な女性の役が合っているのでは、と思っていたが、このようなとぼけた役も見事に演じている。個性の強い西田と中井の間で中和剤として機能している。本当に面白い作品で、映画館に足を運んで観て損はしないと思う。☆☆☆☆☆

 最後に紹介する作品は東野圭吾作品の映画化「麒麟の翼~劇場版・新参者~」(=2012年1月28日公開予定)。刑事・加賀恭一郎シリーズの最高傑作と言われる作品の映画化である。阿部寛演じる刑事・加賀が、日本橋で発生した殺人事件の捜査を担当する。容疑者の男は、現場から逃走しようとして車にひかれる。家族、友人、同僚と様々な人々が複雑に絡み合い、難解な事件になっていく。ひかれた男が本当の犯人なのか? 加賀は事件の謎に迫っていく。
 阿部の穏やかな演技は、阿部が加賀のイメージ通りという東野ファンが多いのにもうなづける。今回も、事件に真摯に向き合い、真実を突き止めたいという思い、行動は作品の隅々まで浸透しており、すがすがしさを感じる。その他の出演陣は溝端淳平、黒木メイサ、田中麗奈のテレビドラマからのレギュラーに、新垣結衣、中井貴一、松坂桃季らが加わり豪華な顔ぶれになっている。また、テレビドラマをみていない人でも続きの作品にはなっていないのでこの作品を最初に見ても楽しめる。☆☆☆★★

☆は最高が5、多いほど観て欲しい作品。

2011年11月07日
アントキノイノチ
アーリー
ステキな金縛り
ハラがコレなんで
麒麟の翼~劇場版・新参者~
トラックバック (0)

「スリーデイズ」~ドキドキ感がたまらない

 私の好きなラッセル・クロウの出演作品ということで、試写会に出かけた。

 宣伝のパンフレットには、『サスペンス・アクション大作!』の大きな文字。サスペンス映画は好きなジャンルなので、見る前から期待が高まる。

 本作品のストーリーだが、妻と息子と幸せな毎日を送っていた大学教授のジョン・ブレナン(ラッセル・クロウ)が、殺人の罪で逮捕、収監された妻ララ(エリザベス・バンクス)の無実を証明するために奔走する。しかしながら、裁判で殺人罪が確定し、絶望したララは自殺未遂を起こす。その妻を見て、ジョンが下した決断は「彼女の人生と家族の幸せを取り戻す」。そして、ジョンは生活のすべてを犠牲にして、脱獄計画を練り上げ実行する・・・。

 脱獄シーン中心に展開する後半は「タイムリミットは3日」、「封鎖されるまで15分」など時間の制約がちりばめられていて、ギリギリな状況になればなるほど手から汗がにじみ出る。脱獄は成功するのか?追いかける警察、逃げるジョンたち。

 脱獄シーンは少々あり得ないような演出があるが、緊迫感をあおるという意味では仕方が無いのかとも思う。ただ、終盤に近づいてくると感じる「あと少し、あと少し頑張れ」というドキドキ感は、この作品の魅力に他ならない。

 また、出番は少ないが、後半での、ジョンの父親であるジョージ・ブレナンを演じる名脇役で名高いブライアン・デネヒーの存在感は際だつ。緊迫した中で、何かほっ、とするひとときを与えてくれる。

 監督は、2006年に「クラッシュ」でアカデミー作品賞、脚本賞を獲得したポール・ハギス。この作品はフランスのサスペンス映画「すべて彼女のために」のリメーク作品となっている。私も見てはいないのだが、2作品を比較して見るのもおもしろいのではないか。

9月23日(祝・金)丸の内ルーブル他全国公開

2011年10月04日
アーリー
スリーデイズ
トラックバック (0)

「SUPER 8/スーパーエイト」~スピルバーグへのラブレター

通勤電車でTOKYO FMを聞いていたら、漫才コンビ・ダイノジの大谷氏が「SUPER 8/スーパーエイト」について「J.J.エイブラムスのスピルバーグへのラブレター」とコメントしていた。「なるほど」とそのとき思ったので、久しぶりにこのコーナーに書くことにした。

  • もっと読む
2011年06月23日
SUPER 8/スーパーエイト
アーリー
トラックバック (0)

色々考えないで自分だったらどうする?とイメージして見て欲しい「東京島」

桐野夏生氏小説の映画化。無人島に1人の女性と多くの男性。そんな舞台で物語は始まる。女性が1人、と聞いてエロティシズムが思い浮かぶが、もちろんエッセンスとしてはあるものの、それがメインになってはいない。

  • もっと読む
2010年06月16日
アーリー
東京島
トラックバック (0)

テディが島に来た本当の理由は? ~シャッター アイランド

映画を見終わって、最初に思ったのが「ビューティフル・マインド」っぽいな、だった。「ビューティフル・マインド」は全体的に重厚な重苦しい感じの作品で、雰囲気は全く違うのだが、なぜか同じベクトルを感じた。精神的な病を中心にすえているからだろうか。

  • もっと読む
2010年03月12日
アーリー
シャッター アイランド
トラックバック (0)

ドキュメンタリーのような作品 ~ジェネラル・ルージュの凱旋  

 前作「チームバチスタの栄光」は医療現場を舞台にしたエンターテインメント作品で、医療現場の臨場感はさほどない作品だった。本作はキャストがほとんど変わらなかったので、前作の印象を持って見はじめたが、医療現場における問題点を中心に置いた重みのある作品に仕上がっていた。

  • もっと読む
2009年03月06日
アーリー
ジェネラル・ルージュの凱旋
トラックバック (0)

過去を振り返りたくなる ~ベンジャミン・バトン 数奇な人生

本年度のアカデミー賞で最多の13部門にノミネートされている、ブラッド・ピット主演作。ブラピ演じるベンジャミンが、生まれた時が80歳の風ぼうで、年を取るにつれて外見は徐々に若返っていくというストーリー。2時間48分と長い作品だが、長さを感じさせず、楽しい時間を過ごすことができた。

  • もっと読む
2009年02月09日
アーリー
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
トラックバック (0)

できることが凝縮したラスト ~ひゃくはち

 大阪桐蔭が優勝を飾った、夏の甲子園大会。華やかな舞台に立てるのはわずか18人。レギュラーともなればたった9人しかいない。その高校野球をテーマにした「ひゃくはち」、大阪桐蔭のような強豪校の補欠を中心に描いた作品である。

  • もっと読む
2008年08月28日
アーリー
トラックバック (0)

夢の世界 ~崖の上のポニョ

 どらくの2周年記念プレゼントが終了した。今年も多くの方に応募していただき盛り上がりを見せた。どらくがスタートした2006年6月に生まれた娘も同じく2歳となった。色々おしゃべりをするようになった娘が毎朝必ず発する言葉のひとつに「ポニョ」がある。近くのスーパー(上に映画館がある)のエレベーターに張ってある「崖の上のポニョ」のポスターを見て、母親に「これはポニョだよ」と教えられ、きちんと覚えたようで、家に帰ってからも「ポニョ」と言うようになった。小さい子供なので、イメージが何も無くては「ポニョ」とは言わないが、家の壁に張りつけてある新聞の全面広告を見ては、気になって「ポニョ」と言う。

  • もっと読む
2008年07月18日
アーリー
崖の上のポニョ
トラックバック (0)

子供の頃の夢は何ですか? ~庭から昇ったロケット雲

 誰でも小さな子供の時に大きな夢を持っていたにだろう。しかしながらその夢を実現できた人はとても少ない。そして、多くの人は、成長していく過程で、その夢を捨て、忘れ去ってしまったに違いない。そんな夢を忘れてしまった多くの大人達に見てもらいたい作品だ。

  • もっと読む
2008年07月04日
アーリー
庭から昇ったロケット雲
トラックバック (0)

身近な作品 ~築地魚河岸三代目

 築地で働く私にとって築地市場は身近な存在。そんなこともあって「築地魚河岸三代目」の漫画が好きで、第1巻からすべて持っている。
 その原作を、これまた築地に本社がある松竹が映画化すると知って、とても楽しみにしていた。築地市場で行われた製作発表から試写まで、漫画での各シーンを思い出しながら楽しんだ。

  • もっと読む
2008年06月11日
アーリー
築地魚河岸三代目
トラックバック (0)

これぞ!トム・ハンクス ~チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

見終わった後に「これぞアメリカ映画! これぞハリウッド映画!」という感じがした。

それもそのはず。アカデミー賞の主演を獲得したトム・ハンクス(93年フィラデルフィア、94年フォレスト・ガンプ/一期一会)、ジュリア・ロバーツ(00年エリン・ブロコビッチ)、フィリップ・シーモア・ホフマン(05年カポーティ)のハリウッドを代表する3人が絡み合って話が進んでいく。さらに、今年公開されたディズニーのアニメと実写が融合した「魔法にかけられて」でちょっとおバカなヒロインを演じたエイミー・アダムスが、秘書役として出演しており、なんとも豪華なキャスティングだ。

  • もっと読む
2008年05月15日
アーリー
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
トラックバック (0)

約束 ~犬と私の10の約束

 母・斉藤芙美子は娘・あかりに犬と暮らすために守らなくてはならない10の約束を伝える。それは自分の想いと重ね合わせて。まもなく芙美子(高島礼子)は亡くなってしまう。そこからは、残されたあかり(田中麗奈・幼少期は福田麻由子)とその父・祐市(豊川悦司)、犬のソックス(ゴールデンレトリバー)の3人での生活が始まる。その様子がこの映画では描かれる。子犬として家に来てから、その後10年間のソックスを中心とした心温まるストーリーだ。

  • もっと読む
2008年03月10日
アーリー
犬と私の10の約束
トラックバック (0)

夢ある映画の結末はやはり ~ 魔法にかけられて

 アニメと実写が融合した「魔法にかけられて」はありえない話だからこそ楽しめる。アニメの世界は当然ありえないことが起こる。特にディズニー映画ではあたりまえ。例えば、動物が人間と普通に話ができる、そんな世界を描いた作品が多い。そのおとぎ話の世界を実際の世界に持ち込んだのだから凄いし、楽しい。

  • もっと読む
2008年03月08日
アーリー
魔法にかけられて
トラックバック (0)
バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。