朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

近藤深雪

19歳に成長したアリスの“新たなる冒険” ~アリス・イン・ワンダーランド

 もしあなたが退屈や常識を嫌い、でも自分のユニークさにちょっぴり悩んでいたら、ティム・バートンの新作「アリス・イン・ワンダーランド」をお勧めしたい。人と違うって素晴らしい! 想像力バンザイ! のメッセージに、元気づけられること間違いなしの1本だ。

  • もっと読む
2010年03月23日
アリス・イン・ワンダーランド
近藤深雪
トラックバック (0)

キレのいいディカプリオの演技に酔う ~シャッター アイランド

マーティン・スコセッシが監督、レオナルド・ディカプリオが主演。原作は「ミスティック・リバー」などで知られるデニス・ルへインとくれば、面白くて当たり前、と観(み)る側の期待は高い。その期待にきちんとこたえるのがプロの仕事なのだ、としみじみ痛感。ハリウッドの売れっ子が集結した「シャッター アイランド」はミステリーの秀作だ。

  • もっと読む
2010年03月19日
シャッター アイランド
近藤深雪
トラックバック (0)

斬新な映像で楽しむファンタジーの世界 ~コララインとボタンの魔女 3D

 「アバター」の大ヒットで今注目の3D映画。本作は人形やセットを1コマ1コマ動かしながら撮影したストップモーションアニメをさらに3Dにした意欲作だ。昔ながらの職人芸と最先端の技術が生み出す映像は、遊び心がたっぷり。観(み)るものを魅惑の世界へ招待してくれる。

  • もっと読む
2010年02月16日
コララインとボタンの魔女 3D
近藤深雪
トラックバック (0)

シャーロック・ホームズ ~名探偵、腕におぼえあり

シルクハットにフロック・コート、ステッキを片手に、相棒のワトソン医師と数々の難事件を解決。英国のアーサー・コナン・ドイルが作り出した名探偵ホームズを知らない人はいないだろう。日本ではジェレミー・ブレットが演じたTVシリーズが有名だが、あの鋭い眼光、端正な顔立ちのジェントルマンのイメージが強いと、ガイ・リッチー監督の映画「シャーロック・ホームズ」は、少々面食らうかもしれない。

  • もっと読む
2010年01月27日
シャーロック・ホームズ
近藤深雪
トラックバック (0)

インビクタス/負けざる者たち ~スポーツでひとつになる心

27年間監獄に捕らわれたのち釈放、1994年に南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ。そのマンデラ大統領とラグビーと聞いて、「ああ、あのことね」とわかる人は相当のスポーツ通か南アフリカに縁のある人だろう。誰もが名を知る偉人の知られざる「奇跡」の物語。それが「インビクタス/負けざる者たち」だ。

  • もっと読む
2009年12月18日
インビクタス
近藤深雪
トラックバック (0)

老人よ、大志を抱け! ~カールじいさんの空飛ぶ家

世界初の長編CGアニメーション「トイ・ストーリー」以降、「モンスターズ・インク」「ファインディング・ニモ」などヒットを連発した米ピクサー・アニメーション・スタジオの記念すべき10作目「カールじいさんの空飛ぶ家」の主役は、御年78歳の頑固じいさんだ。

  • もっと読む
2009年12月07日
カールじいさんの空飛ぶ家
近藤深雪
トラックバック (0)

おいしいご飯をめしあがれ! ~南極料理人

 「南極料理人」と聞くと、たいていの人は、「はて、南極に料理人とは、これいかに?」といったところではないだろうか。

  • もっと読む
2009年07月16日
南極料理人
近藤深雪
トラックバック (0)

事件現場を掃除する美人姉妹に注目! ~サンシャイン・クリーニング

世の中色んな仕事があるものだ。「サンシャイン・クリーニング」で、人生に行き詰まった姉妹ローズとノラの2人が始めるのは、事件現場のクリーニング。といっても、話は決して血みどろのサスペンスではないのでご心配なく。切なくも笑いたっぷり、ちょっぴりへんてこな家族の再生物語となっている。

  • もっと読む
2009年06月29日
サンシャイン・クリーニング
近藤深雪
トラックバック (0)

個性派俳優、動物たちが大集合、サーカスのようなワクワクムービー ~ウェデイング・ベルを鳴らせ!

旧ユーゴスラビア出身のエミール・クストリッツァといえば、「パパは、出張中!」(1985年)「アンダーグラウンド」(95年)で2度のカンヌ映画祭パルム・ドールを受賞。世界中にファンの多い映画監督の一人だ。彼の作品はいつもエネルギッシュでポジティブ。バルカン半島を舞台に、どんな局面でもユーモアと希望をもって切る抜ける人間のたくましさを見せてくれる。過去の作品には、祖国がたどった過酷な歴史、戦争の爪あとを背景に交えたものもあるが、今回はストレートなロマンチック・コメディー。とにかく楽しい気分に浸りたい人におすすめの1本だ。

  • もっと読む
2009年04月27日
ウェデイング・ベルを鳴らせ!
近藤深雪
トラックバック (0)

質問:なぜこの作品はそれほど多くの人に愛されたのか? ~スラムドッグ$ミリオネア

あなたにとって普通のこと、常識が、他の人にとっても同じとは限らない。まして階級、貧富の差が激しいインドではなおさらのこと。「スラムドッグ$ミリオネア」をみて痛感に感じることだ。今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む、最多8部門をさらった話題作。文句なしの栄冠だ。

  • もっと読む
2009年04月09日
スラムドッグ$ミリオネア
近藤深雪
トラックバック (0)

筋肉ムキムキ、おバカなブラッド・ピットに注目!~バーン・アフター・リーディング

ジョン・マルコビッチ、フランシス・マクドーマンド、ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、そしてブラッド・ピット……。さて、この中で、あなたが名前を聞いたことがある俳優は、何人いるだろう? 映画好きの人なら、もちろん全員。たとえ劇場で見る映画本数が年間ひとけたのあなたでも、1、2人は耳にしたことがあるだろう。すべて、名だたる国際映画祭で受賞、またはノミネート歴のある名優たちだ。

  • もっと読む
2009年03月25日
バーン・アフター・リーディング
近藤深雪
トラックバック (0)

プロのお仕事 ~ワールド・オブ・ライズ

映画において、相性のいい組み合わせがある。監督が俳優の力を最大限に引き出し、また俳優もその監督の創作意欲を最大限にかき立てる。リドリー・スコットとラッセル・クロウは、まさにそんな組み合わせだ。ジャンルにとらわれず、SF(「エイリアン」「ブレード・ランナー」など)、歴史大作「グラディエーター」からロマンチック・コメディー「プロヴァンスの贈り物」まで幅広い作品を撮り、どれも極上の作品に仕上げるリドリー。ラッセル・クロウの起用は、前作「アメリカン・ギャングスター」に続き、これで4度目(すでに次回作「ロビンフッド」でもラッセルを起用)。今回、彼はテロリストを捕まえるためには手段を選ばないCIAのベテラン局員、エド・ホフマンを演じる。

  • もっと読む
2008年12月25日
ワールド・オブ・ライズ
近藤深雪
トラックバック (0)

雪のようにはかなくも美しいラブストーリー ~アリア

 主人公たちの心をすべて見透かしたように澄んだ冬の青い空。かなわぬ恋をそっと包み込むようなまっしろな雪。美しい冬の諏訪の風景をバックに、若い男女4人の切ない恋もようをつづった「アリア」は、珠玉の小品だ。若者たちのラブストーリーといっても、あらゆる世代におすすめできるのでご心配なく。誰にでも、胸の奥に大切にしまいこんだ恋の思い出はあるはずだから……。そして、人はいくつになっても「自分の一番の理解者」を探し求めるものだから。

  • もっと読む
2008年11月25日
アリア
近藤深雪
トラックバック (0)

鬼部長もメロメロ、たかが子ネコとあなどるなかれ! ~ネコナデ

 実は動物ものといわれる映画が、私はあまり得意ではない。愛くるしい表情、しぐさの可愛さで勝負されては、渾身(こんしん)の演技をみせる人間の役者に申し訳ない。しかもストーリーは二の次で、ひたすらキュートなシーンがてんこもり。まるで写真集をみせられているような作品が多い。そんな中、「ネコナデ」にはやられてしまった。監督は「きみはペット」「不機嫌なジーン」などの人気ドラマの脚本家としてもしられる大森美香。女性の繊細な心理を描くことには定評のある彼女だが、型物な人事部長が一匹の子ネコと出会い、ほんろうされる姿をユーモアたっぷりに描いている。

  • もっと読む
2008年07月28日
ネコナデ
近藤深雪
トラックバック (0)

大人になってからの友達の作り方 ~ぼくの大切なともだち

何ともシンプル、かつストレートなタイトルと思いませんか?フランスの名匠パトリス・ルコントの新作は、ずばり中年男の「親友」探しの物語だ。学生時代には気軽に使う「友達」という言葉。過去のクラスメートからバイト仲間、最近ではメル友なんてジャンルもある。しかし大人になり、仕事一辺倒の日々となり、ふと我に帰る。気がつけば過去の友達とも疎遠に。職場の仲間はただの同僚であったり、時にライバルであったり。意外と大人になると「友達」って増えない、作りにくいと思ったことがある人も多いのでは?しかし、そもそも友達ってつくるものなのだろうか?

  • もっと読む
2008年07月01日
ぼくの大切なともだち
近藤深雪
トラックバック (0)

巨大企業の不正を暴け! ~フィクサー

訴訟王国アメリカでは、映画の題材に企業の不正、裁判を扱い重厚な人間ドラマを描いた傑作がいくつかある。ジョナサン・デミ監督の「フィラデルフィア」(1993年)は、エイズを理由に一流弁護士事務所を不当解雇された男(トム・ハンクス)と彼の弁護士(デンゼル・ワシントン)が差別、偏見に立ちむかう社会派ドラマ。またマイケル・マン監督の「インサイダー」(1999年)は、大手たばこ会社の不正を内部告発した元重役(ラッセル・クロウ)とTVプロデューサー(アル・パチーノ)の孤独な戦いを描いている。

  • もっと読む
2008年04月14日
フィクサー
近藤深雪
トラックバック (0)

起きたことは元には戻せない~ ノーカントリー

 舞台は1980年代のアメリカ、テキサスのとある町。中心部を少し離れると、赤茶けた大地が果てしなく広がり、草木がぽつんぽつんと点在する。ある日、狩りをしていたベトナム帰還兵のルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、放置されたピックアップトラックを見つける。その周りは死体の山。普通ならここで腰を抜かし逃げ出すか、警察に駆け込むところだが、彼は違っていた。好奇心からか、ライフルを片手に現場をうろつく。やがて、トラックの荷台いっぱいのドラッグとアタッシュケースに詰まった現金200万ドル(約2.1億円)を発見。犯罪の匂いはプンプン。しかし、彼はその大金を持ち帰る。自分の人生を狂わせることをわかっていながら。

  • もっと読む
2008年02月04日
ノーカントリー
近藤深雪
トラックバック (0)

女優ケイト・ブランシェットの魅力に酔う~「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

 美しいだけでなく、気高さと強さ、そして確かな演技力を兼ね備えた女優はそうはいない。オーストラリア人女優ケイト・ブランシェットは数少ない一人だ。まだ無名だった彼女を一気にスターダムに押し上げたのが、シェカール・カプール監督の「エリザベス」(1998)。幼い頃に母親が処刑され私生児の烙印(らくいん)を押されながらも、自ら女王への道を切り開いていったたくましきヒロインは、彼女にとってまさにはまり役。その後、ファンタジーの傑作「ロード・オブ・ザ・リング」3部作では、妖精族エルフの女王を演じたが、その神々しく威厳に満ちた姿には、魂をすいとられそうな迫力があった。そんな彼女が再びカプールと組んだ「エリザベス:ゴールデン・エイジ」は、女優ケイト・ブランシェットの魅力が満載の1本だ。

  • もっと読む
2008年01月30日
エリザベス:ゴールデン・エイジ
近藤深雪
トラックバック (0)

たどり着いたら、ド田舎だった・・・ ~迷子の警察音楽隊

 何かと人恋しいこの季節、そんな時にはくすっと笑えてほんわか気分になれる映画が一番。まさに「迷子の音楽隊」はそんな1本だ。

  • もっと読む
2007年12月27日
近藤深雪
迷子の警察音楽隊
トラックバック (0)

肩肘をはらず、のんびりと~ 「ここに幸あり」

 思いがけないこと、思い通りにいかないこと、人生はそんなことの連続だ。ただし、少し考え方をかえると物事は180度変わって見える。例えば、突然職を失った時、悲嘆にくれ鬱々(うつうつ)と部屋にこもるのか?はたまた、神様がくれた休暇だと思い、あわただしい人生をひと休みするか?

  • もっと読む
2007年12月18日
ここに幸あり
近藤深雪
トラックバック (0)

喪失とのたたかい~ 再会の街で

 人生において乗り越えることが最も難しい出来事の一つ。それは愛する者の死ではないだろうか?
 「再会の街で」の主人公チャーリー(アダム・サンドラー)は、まさにその苦しみのまっただなかにいる。あの9.11のテロで標的となった飛行機に、最愛の妻、幼い娘たち、ペットの犬が搭乗。彼は家族のすべてを、たった一日で失ってしまう。以来、歯科医としての仕事を捨て、ひたすら自分の殻に閉じこもりきり。5年の月日が流れても、その事実と直面することすらできない。 そんなチャーリーと偶然マンハッタンの街角で再会するのが、彼の大学時代のルームメートのアラン(ドン・チードル)だ。歯科医としての仕事も好調、家族にも恵まれ順風満帆そうなアランだが、実はその理想的な生活にどこか息詰まるものを感じている。 

  • もっと読む
2007年11月02日
再会の街で
近藤深雪
トラックバック (0)

音楽のちから~ ヴィットリオ広場のオーケストラ

 ヴィットリオ広場とは、ローマの玄関口テルミネ駅のそばにある広場のこと。移民が多く住み旧市街に位置するこの広場周辺も、時代とともに急速に変化。イタリアで最も古く歴史ある劇場のひとつのアポロ劇場は映画館に姿を変え、さらにビンゴホールにされようとしていた。

  • もっと読む
2007年10月29日
ヴィットリオ広場のオーケストラ
近藤深雪
トラックバック (0)

ささやかな日常が壊れる時 ~ある愛の風景

人間ドラマのジャンルにおいて、映画で描かれる題材は、実はそれほど多岐に富んでいないのではないかと思う時がある。男と女が出会い、恋に落ち、別れる。家族や恋人が事故や戦争といった悲劇で引き裂かれる。または、人の死やその他の思いもよらぬ出来事で人生が翻弄(ほんろう)される。そんな中、何が極上のドラマと凡作の分かれ目となるのか?それは登場人物の感情が、どれだけリアルかつきめ細やかに描かれているかに尽きると思う。

  • もっと読む
2007年10月03日
ある愛の風景
近藤深雪
トラックバック (0)

食べ物はどこからくるの? ~いのちの食べかた

 アメリカにホームステイをしていた際、最初の頃どうにもなれなかったことがある。それは、食事を食べ始める際に何も言わないことだ。日本語と英語では直訳できなかったり、その概念がない言葉というのが多々ある。まさに「いただきます」がそうだった。辞書をひいても 「Let’s eat!」 これでは「さあ食べよう」。せいぜい「They look yummy (おいしそう)」などといってみるが、しっくりこない。ホストマザーには食後に賛辞の言葉を言えばいいが、どこか違和感があった。

  • もっと読む
2007年10月01日
いのちの食べかた
近藤深雪
トラックバック (0)

破天荒なシンデレラ・ストーリー ~ヘアスプレー

 映画をみるならとにかく幸せな気持ちになりたい。小難しいことは考えず、心の底から笑いたい。そんなあなたにこの秋一押しなのが「ヘアスプレー」だ。
 1987年に知る人ぞ知る伝説のクラッシック映画として世に出て、2002年にはブロードウェイでミュージカル化。2007年夏には日本でも上演されたことが記憶に新しい話題作をアダム・シャンクマンが再びスクリーンに。何故それ程までに人々に愛されるのか?その答えは、とにかく天真爛漫(てんしんらんまん)でチャーミングな女子高生ヒロイン、トレーシーにある。
 

  • もっと読む
2007年09月05日
ヘアスプレー
近藤深雪
トラックバック (0)

過去を忘れないために ~君の涙、ドナウに流れ ハンガリー1956

 試写の帰りに雑誌をパラパラとめくっていると、懐かしい顔が出ていた。ミハイル・ゴルバチョフだ。1985年にソ連共産党書記長に就任以来、国内でペレストロイカとグラスノスチを進める一方、外交面では冷戦の終結に貢献。その業績が称えられ、1990年にはノーベル平和賞を受賞。「ゴルビー」の愛称で親しまれた彼だが、この秋、ルイ・ヴィトンの新しい広告の「顔」として起用された。車の後部座席に乗り、少し物憂い気な表情で外も見つめる彼。その視線の先にはベルリンの壁が。彼の傍らには、モノグラムのボストンバックが置かれている。

  • もっと読む
2007年09月03日
君の涙、ドナウに流れ ハンガリー1956
近藤深雪
トラックバック (0)

ドキュメンタリーの真髄ここにあり ~シッコ

 マイケル・ムーアと言えば、ずんぐりむっくりの体にネルシャツ、ベースボールキャップがトレードマークのアメリカ人ドキュメンタリー作家。痛烈なブラック・ユーモアを交えてアメリカの銃社会問題(「ボウリング・フォー・コロンバイン」)さらにブッシュ政権を批判する作品(「華氏911」)を発表。一見素人のような無邪気さで、カメラ片手のアポなし突撃取材をする彼は、実は切れ物の確信犯。矛盾、核心をつく鋭い質問を次々と浴びせ、相手を絶句させていく。

  • もっと読む
2007年08月06日
シッコ
近藤深雪
トラックバック (0)

あの日の記憶~ ヒロシマナガサキ

 「1945年8月6日何が起きたかわかりますか?」
スティーヴン・オカザキ監督の「ヒロシマナガサキ」は渋谷を歩く若者達への問いかけで始まる。クレープを片手に小首をかしげる者、「えーわかんない!」「地震?」と答える者。戦後60余年、人口の75%以上が1945年以降生まれの今だからこそ、この作品が必要だと痛感せられる一瞬だ。

  • もっと読む
2007年08月01日
ヒロシマナガサキ
近藤深雪
トラックバック (0)

男装してサッカースタジアムにGo! ~ オフサイド・ガールズ

 自国では当たり前のことが、一歩広い世界にでると当たり前でないことがある。
イスラム教の教えに基づく厳しい戒律の中、他国に比べて「自由」がないイランの女性たち。彼女たちに対する服装の規正は厳しく、髪の毛、肌、体の線を隠すため、チャドルと呼ばれる全身をすっぽり覆う民族衣装を着用したり、頭部にベールを纏(まと)うのはよく知られるところ。

  • もっと読む
2007年07月02日
オフサイド・ガールズ
近藤深雪
トラックバック (0)

陽光きらめく南仏での休日 ~プロヴァンスの贈りもの

 プロヴァンス地方といえば、ご存知イギリス人作家ピーター・メイルの世界的ベストセラー「南仏プロヴァンスの12ヶ月」やその続編で、90年代前半に一躍注目を浴びたエリア。一般的には、アヴィニョン、アルル、リュブロン、エクス・アン・プロヴァンスのあたりをさす。まばゆい陽光が降りそそぐなかオリーブ畑が広がり、ラベンダーが香るのどかな田園風景は、訪れる人々の心をとらえてやまない。

  • もっと読む
2007年06月28日
プロヴァンスの贈りもの
近藤深雪
トラックバック (0)

フィンランドの名匠からの贈り物 ~街のあかり

 「街のあかり」では、フィンランドに住むある一人の夜警コイスティネンの物語が描かれています。同僚からはいつもバカにされ、友人もいない。家族も、恋人もおらず一人ぼっち。そんな社会の底辺で静かに、でも夢を見る心を失わず生活する孤独な男。そんな彼に次々と降りかかる不幸を、まるで定点観測でもするようにカメラは淡々と追いかけるのです。

  • もっと読む
2007年05月31日
街のあかり
近藤深雪
トラックバック (0)

お宝ボールをめぐる爆笑ドキュメンタリー ~100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!

 一獲千金といえば、宝くじ。最近ではサッカー宝くじTOTO BIGの当選金が6億円にまで膨れ上がり、購入希望者が殺到。販売する端末がパンクとなる騒ぎもおきました。
 そんな高額宝くじと同じくらい、アメリカで人々が熱狂するのが記念ホームランボールの行方。野球王国アメリカでは、遡ること約40年前、ロジャー・マリスがベーブ・ルースの年間最多本塁打記録を破った61号のホームランボールに、当時の値段で5千ドル(約180万円)の値が。98年には、マーク・マグワイヤがシーズン70本塁打を記録。なんとそのボールは270万ドル(約3億円)で落札。ホームランボールは、スタンドで拾った人のもの。ですから、記録と関わるホームランボールは、さながら空から降ってくる大粒のダイヤモンドなのです。

  • もっと読む
2007年05月28日
100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!
近藤深雪
トラックバック (0)

華麗なる復讐物語 ~女帝(エンペラー)

 ハリウッドが製作した「SAYURI」で、可憐な日本人芸者を演じたことが記憶に新しいチャン・ツィイー。艶やかな黒髪のアジアン・ビューティーとしてシャンプーのテレビCMにも出演、今や日本国内で最も知名度の高い中国人女優だろう。そんな彼女の最新作は、五代十国時代の(907年~960)中国宮廷を舞台した、絢爛(けんらん)豪華なアクション時代劇だ。

  • もっと読む
2007年04月26日
女帝(エンペラー)
近藤深雪
トラックバック (0)

ライター泣かせの作品 ~バベル

 見る前に、極力ストーリーを知らないほうがいい作品がある。映画評を書く上で、そんなジレンマに陥るが時がある。菊地凛子が聾唖(ろうあ)の女子高生を演じ、アカデミー賞助演女優賞ノミネートを得て話題となった「バベル」も、実はそんなライター泣かせの作品だ。

  • もっと読む
2007年04月19日
バベル
近藤深雪
トラックバック (0)
バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。