朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

少年とドラゴンの友情が奇跡で世界を変える「ヒックとドラゴン」

3月26日に全米公開されるや「アリス・イン・ワンダーランド」を抑えて初登場No.1を樹立。さらには、全米公開5週目に1位に返り咲くという快挙を果たした「ヒックとドラゴン」。7週連続で興行チャートのトップ3入りするなど、作品の評価の高さとクチコミで、現在全米の興行収入は2億1000万ドルを超える驚異的なロングラン大ヒットを続けている。このヒットを受け、早くも続編の製作も決定。

この作品は、世界中を感動に包みこんだ「リロ&スティッチ」の監督による待望の最新作。

いつもひとりぼっちのバイキングの少年ヒックに初めてできた友だち、それは飛べないドラゴンのトゥースだった。でも、バイキングとドラゴンは昔から敵同士。

ヒックは仲間のバイキングの目をぬすんで、傷ついたトゥースを守るためこっそりと好物の魚をあげていた。

ところがある日、トゥースがみんなに見つかってしまう。
 「人間もドラゴンも同じなんだ、戦わなくていい」と決意したヒック。小さな少年ヒックの大きな決意からバイキングとドラゴンの世界を変えてしまう大冒険が始まる……。

3D版はさらに大迫力!

本作を製作したのは、現在3D映画ブームに先駆けて3DのCGアニメーションを手掛けてきたドリームワークスアニメーション。

アニメータが3Dメガネをかけながら描いた、制作段階から3Dのためにつくられた映像は迫力満点。

臨場感あふれる映像のマジックで客席はドラゴンの世界に!

(「ヒックとドラゴン」宣伝担当)

Main

●「ヒックとドラゴン」8月7日(土)全国ロードショー

公式ホームページ:http://www.hic-dragon.jp/

How to Train Your Dragon TM & (C)2010 DreamWorks Animation L.L.C. All Rights Reserved.

2010年07月23日
ヒックとドラゴン
映画配給および宣伝各社の担当
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。