朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

これぞ!ジャッキー・チェン! 主演最新作「ダブル・ミッション」

ジャッキー・チェンを初めて見たのは何歳の時だろう。TVで見た次の日には、学校へ行ってみんなでアクションのまねっこをしたっけな。

そんなジャッキーも今年は54歳。そして、「バトルクリーク・ブロー」でハリウッドに進出して世界制覇への足がかりを築いてから、今年でちょうど30年になるという。

体を張ったアクションスターのジャッキー・チェンは一体いつまで映画を作り続けるのか。そして、これからのジャッキーはどこへ向かっていくのか。その原点となる思いがこの作品の中にはある。

5_5

ジャッキー扮するボブは、表の顔はさえないペンのセールスマンだが、裏の顔は敏腕のCIA(米中央情報局)エージェントだ。しかし、好きな女性との結婚を考えスパイの引退を決意するが、そう簡単には行かず……

結婚相手の3人の子供たちの面倒を見ることを頼まれたある日、子供の一人が偶然にもボブのパソコンからロシア当局の秘密データをダウンロードしてしまい、ボブと恋人と子供たちは、巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく。というお話。

ロシアの悪者に立ち向かうジャッキーは、自身のオマージュとも思えるアクションを次々と繰り出し、往年のファンをニヤリとさせる仕掛けを随所にちりばめている。

そんなすべてのアクションを監督したジャッキーだが、子供たちを相手に動きを確認したり、自分も演技したり、笑いも盛り込んだりと、とにかく大変だったよう。

ジャッキーは「映画を見てもらえたら僕が楽しそうにしているのがわかるよ! 僕はみんなを笑わせるのが大好きなんだ。『ジャッキーの映画大好きだよ』って言ってもらえるのが何よりもうれしいし、そう言われるとアクション映画を何十年も続けて来て本当に良かったなって思う」と語る。

そして、この映画を見て「幸せ、笑い、とにかく楽しんでほしい。会社や学校で色んな問題があったとしてもせめてこの映画で大声で笑ってほしいんだ。それでまた頑張ってもらえたらこんなに最高なことはない」と話してくれた。

映画を見た後にジャッキーアクションのマネはもう出来ないけれど、ジャッキースピリットを感じて幸せな気分になることは間違いなさそうだ。

 

(「ダブル・ミッション」宣伝担当)


●619日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー!

公式HP http://www.w-mission.jp/

(C)2009 Spy Next Door, LLC. All Rights Reserved

2010年06月18日
ダブル・ミッション
映画配給および宣伝各社の担当
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。