朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

14歳の少女が殺された「ラブリー・ボーン」

 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作で数多くの賞を受賞したピーター・ジャクソン監督の新作は、世界で1千万人以上の人が読んだ小説「ラブリー・ボーン」が原作になっています。

 

 変質者によって14歳で殺された少女スージーが主人公。スージーは自分の死を受け入れられず、天国と現実世界の“中間点”にいます。自分を殺した後ものうのうと生きている犯人を憎み、自分の死をきっかけにバラバラになってしまった家族を中間点から見守っています。デートの約束を果たせなかった初恋の彼が、今もスージーを思っていてくれているのは分かるのに、スージーの方から思いを伝えることはできない。犯人が次なる殺人を企てているのに、中間点からは阻止する手立てがない。「振り返っちゃダメ。前に進まなきゃ」と中間点で会った少女は言うけれど、スージーは思い残すことなく天国へと旅立てるのでしょうか……。

 この世ではない場所のグラフィックは、大ヒット映画「アバター」で知られるスタジオWETAのスタッフが製作しました。緑生い茂る巨木に見えたものが鳥の集合体だったり、麦畑が一転して氷山になったり、四季や地形関係なくダイナミックに展開していく“中間点”の風景は見事の一言。登場するのは自然が多くシンプルな感じなので、ゴテゴテに作りこんだ「ロード・オブ・ザ・リング」の世界観を期待するとちょっと違うかも知れませんが。

 14歳の少女が殺されるところから始まるお話ですから、猟奇的なシーンを覚悟していました。しかし直接的な殺人の場面を描くことはなく、役者の表情や、VFXで描く抽象的なシーンで想像力をかき立てます。残された家族の苦しみ悲しみを疑似体験させられるのかなぁと思っていましたが、スーザン・サランドン演じる奇怪なおばあちゃんを登場させることで笑いの要素が加えられていたりして、精神的に追い詰められることもありません。

 人が殺される、ということは断じて悲しいことなのだけれど、それによって見えてきた(きずな)や魂の再生がテーマなので、ポジティブで力強い気持ちにさせてくれます。一方、殺人のサスペンス的要素もあり、事件の落とし所も非常に納得のいくものでした。

 スージーを演じたのは「つぐない」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた16歳のシアーシャ・ローナン。彼女の透き通った瞳を見ていると、心が浄化されるよう。
 母親役はレイチェル・ワイズ。父親役は、私の一番好きな映画「ブギーナイツ」で大成したマーク・ウォールバーグ。夫婦仲のよい家族を襲った悲劇という設定が泣かせます。

2010年01月22日
ラブリー・ボーン
乾貴美子
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。