朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

インビクタス/負けざる者たち ~スポーツでひとつになる心

27年間監獄に捕らわれたのち釈放、1994年に南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ。そのマンデラ大統領とラグビーと聞いて、「ああ、あのことね」とわかる人は相当のスポーツ通か南アフリカに縁のある人だろう。誰もが名を知る偉人の知られざる「奇跡」の物語。それが「インビクタス/負けざる者たち」だ。

マンデラ大統領就任後の南アフリカは不況、治安の悪化と不安定な社会情勢に加え、依然として対立する黒人と白人、と課題が山積みだった。そんな中、祖国団結のために大統領が注目したのが、95年に南アがホストとして開催するラグビーワールドカップだった。当時の南ア代表チーム・スプリングボクスは、開催国として初出場できるものの、国内外の評価は最悪。さらにラグビーは白人のスポーツであり、南アではアパルトヘイトの象徴として黒人たちからは毛嫌いされていた。そんなラグビー南ア代表チームを、国を挙げて応援することで、マンデラ大統領は国民の心を一つにしようとする。目指すはワールドカップの優勝だ。
 監督はクリント・イーストウッド。手がけた作品はどれも高い評価を得ているが、本作も、シンプルかつストレートな語り口でさわやかに仕上げている。そして作品の根底に流れるマンデラ大統領の賢明さ、彼の哲学が物語に厚みを与えている。ありがちで説教くさい偉人伝ではなく、お涙ちょうだいのスポ根ものでもない。絶妙のバランス感覚を持ったイーストウッド監督の手腕は見事だ。
 マンデラ大統領を演じるのは、誰もが納得のモーガン・フリーマン。マンデラ大統領自ら、自分が映画化される時は彼に演じて欲しいと名を出していたらしく、これ以上のはまり役はないだろう。どこか茶目っけがあり、温和、しかし不屈の精神を秘めた大統領を好演している。物語のキーマンとしてもう1人外せないのが、弱小スプリングボクスの若き主将フランソワ・ピナール。鍛え上げた肉体で文字通り体当たりの演技をするマット・デイモンにも拍手をおくりたい。
 ラグビーのルールを全く知らなくても、終盤の試合のシーンでは思わず手に汗を握ること請け合い。見終わった後のすがすがしさは、近年のハリウッド映画では味わったことのないものだ。

☆2010年2月5日 全国ロードショー

2009年12月18日
インビクタス
近藤深雪
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。