朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

手に汗にぎる「クライマーズ・ハイ」すばらし。

Dscn1550_3  「原作が最高だよね」
 「ドラマも面白かったな~」
と、やたらと評判のよい「クライマーズハイ」を見てきました。

 今から2年前。

 1985年8月12日、乗員524名を乗せた日航機が墜落
 群馬に落ちたか長野なのか詳しい情報が入らないまま、群馬県の地方紙・北関東新聞社では、一面の記事を変更して事故のニュースを知らせようとします。社長から記事の責任者に任命されたのは、本来遊軍記者の悠木(堤真一)。嫉妬(しっと)した同僚たちは「悠木は社長の愛人の子だから特別扱いだ」と裏口をたたきます。県警キャップの佐山(堺雅人)らは自力で山に登り、悲惨な事故現場を目撃しますが、ローカル誌である北関東新聞には衛星電話などの通信手段がありません。なんとか朝刊に間に合うよう奔走するのですが……。

 前半では、一行の記事にも命を懸ける新聞記者の熱い情熱が描かれています。印刷し、販売所に配るため午前0時までに紙面を作り終えなければ!など、分刻みで動く編集部で飛び散る汗がスリリング。カット割りが細かく、ハンディカメラを多用した映像は臨場感たっぷりで、ぐいぐい引き込まれました。

 後半では、新聞社という組織の閉塞(へいそく)感や、男性が多い職場ならではの嫉妬が描かれます。営業の論理と記者の論理の対立や、重大事項をわざと伝えないなどのイジワル……新聞社のみならず、おそらくどこの会社でも日々起こっている摩擦は、見ていてヒリヒリヒリヒリ。主人公の悠木は正義感あふれる人物ですが、完全無欠のヒーローではありません。普通に悩み、いら立ちながら、それでもなぜ記者を志したかの初心を忘れず行動している。その姿からは、職種違えども、自分らしく仕事をするためのエネルギーをわけてもらえた気がしました。

 「半落ち」の横山秀夫さん原作。
 監督は『突入せよ!「あさま山荘」事件』の原田真一さん。

 主演の堤真一さんにうかがったところ、原田監督の撮り方はすごく特殊なんですって。セリフを間違えても、アドリブが入っても構わないから、同じシーンを何度も続けて撮影する。カメラアングルを変えて、とにかく何度も何度も撮影するから、俳優たちは自分がどんな風に映っているのか、完成形がどんななのか全く分からないんですって。だからこそ、セリフが口になじんでいて、一瞬たりとも緊張の糸が途切れない映像になっているんですね。ほとんどが男性キャストですが、すごみのあるセリフ回しに酔いしれて下さい。

 撮影は約1年前、群馬県にある空きビルを利用して行われたそうです。ふつう役者さんは、撮影の合間に自宅に帰ってお休みするものですが、堤さんは自己最長記録の“1カ月まるごと”群馬の、それも撮影現場の真向かいのホテルに宿泊しながら撮影したそうです。つまり、忙しくて家に帰れない新聞記者・悠木と同じような状況で撮影していたわけです。そこまでしないと、男所帯の汗臭い感じは出ないんだろうな。爽(さわ)やかな役柄の多い堤さんが、今回の映画では徹夜続きで脂ぎったような顔をして出演している!

 原作やドラマには男性ファンが多いようですが、私も、ものすご~く面白かったです。遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、マギーさん、でんでんさんはじめ、編集部にいかにもいそうなキャスティングもお見事!!

★7月5日全国ロードショー

「クライマーズ・ハイ」公式サイトへ

2008年06月04日
クライマーズ・ハイ
乾貴美子
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。