朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

たどり着いたら、ド田舎だった・・・ ~迷子の警察音楽隊

 何かと人恋しいこの季節、そんな時にはくすっと笑えてほんわか気分になれる映画が一番。まさに「迷子の音楽隊」はそんな1本だ。

 映画は、水色の制服に身を固めた8人の男達が、閑散(かんさん)とした空港にたちつくすところからはじまる。いささか緊張した面持ちで無表情の彼ら。実は、エジプトから長年敵対してきたユダヤ人の国イスラエルに、文化交流のためにやってきたアレキサンドリア警察音楽隊なのだ。出迎えはみあたらず、電話で問い合わせようとしてもうまくいかない。

 しかし、堅物で威厳を重んじる団長トゥフィークは、わが音楽隊は25年間何事も自分達の手でやってきた、自力でどうにかするのだ!と動じない。どうにかバスに乗り、目的地に到着。と思ったら、一文字違いの地名の砂漠の片田舎の町。ホテルもなければ、バスももうない。しかも腹ぺこ。そんな彼らに救いの手を差しのべるのが、小さな食堂の美しい女主人ディナ。気さくで姉御(あねご)肌の彼女は、そばにいた食堂の常連イツィクも巻き込み、楽団メンバーを食堂、自分とイツィクの家の3箇所に泊まるようすすめる。やがて、死んだように静まり返った町で、無愛想な地元民とやはり内気で口数の少ない音楽隊メンバーの気まずくも、おかしな一夜が展開される。

 セクシーなディナにアプローチをうけるも、生真面目なトゥフィーク。イツィク宅で過ごすメンバーは、食卓を一緒に囲むも話は盛り上がらない。挙句の果てに、毎晩のように起こる夫婦喧嘩に巻き込まれ途方にくれる。楽団一の若手で大女好き、フレンドリーな性格のカレードは、地元の若者パピのデートに勝手についていく。ウブで、女の扱いになれないパピは、まだ女性との経験がない。「どんな感じなんだ?」とカレードに聞く。それまで英語で話していたカレードは、「アラビア語でしか説明できないよ」と母国語で語りはじめる。意味はわからなくても、そのうっとりした響きで、パピは俄然(がぜん)勇気づけられる。

 人と人とがつながりあうのに、民族も宗教も言語も関係ない。例えば音楽だったり、誰かを思う切なさや淋しさだったり。本作が長編デビューとなるエラン・コリリン監督は、そういったものを介して人と人とが打ち解けていく瞬間を、独特のテンポとユーモアで描いていく。

 今年の東京国際映画祭では、最高賞の東京サクラグランプリを受賞。納得の1本だ。

★シネカノン有楽町2丁目にて公開中

2007年12月27日
近藤深雪
迷子の警察音楽隊
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。