朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

ドキュメンタリーの真髄ここにあり ~シッコ

 マイケル・ムーアと言えば、ずんぐりむっくりの体にネルシャツ、ベースボールキャップがトレードマークのアメリカ人ドキュメンタリー作家。痛烈なブラック・ユーモアを交えてアメリカの銃社会問題(「ボウリング・フォー・コロンバイン」)さらにブッシュ政権を批判する作品(「華氏911」)を発表。一見素人のような無邪気さで、カメラ片手のアポなし突撃取材をする彼は、実は切れ物の確信犯。矛盾、核心をつく鋭い質問を次々と浴びせ、相手を絶句させていく。

 そんな彼が新作「シッコ」のテーマに選んだのはアメリカの医療制度問題。てっきり「白い巨塔」のような医療ミス問題を扱っていると思ったら大間違い。ここで問題とされているのは、医療保険制度だ。日本には国民健康保険があるが、アメリカには全国民を対象とした国民皆保険がない。従って大半が民間の医療保険に加入。しかし利潤追求が最優先の保険会社は、さまざまなケチをつけ、病気がちの人の加入を拒否する。加入できない人には当然悲劇が待ち受けているのだが、実はこれは保険加入者でも同じこと。保険会社は、あの手この手で支払いを拒否、さらには治療方法にまで介入してくる。ムーアは、医療をめぐる悲惨な体験談を自らのウェブサイトで募集。その中から主に、保険加入者達のトラブルに注目している。ある女性は、交通事故で重傷を負い救急車を呼んだが、後日保険会社から事前に承諾を得なかったと支払いを拒まれる。(アメリカでは救急車は有料)
悪い冗談として笑えるのはほんの一瞬だけ。聞くも涙、語るも涙の残酷物語が次々に登場する。高額の自己負担額に押しつぶされ、家を手放す羽目になった夫婦、保険の関係で病院をタライ回しにされ死亡した幼女、保険会社が必要と認めず、十分な治療を受けられず、がんで最愛の夫を失った女性。
 やがてムーアは、カナダ、イギリス、フランスといった諸外国を訪れ、それぞれの国の保険制度とアメリカの制度を比較、医療保険システム改革の必要性を訴える。(ちなみにアメリカの健康保険充実度は世界保険機構の調査によると世界37位。)
 ちなみに、タイトルの「シッコ」はアメリカの俗語で「ビョーキ」「いかれた」の意。医療の分野で、何より尊い人命より企業の利益を追求する姿にはまさに「吐き気がする」程の強い不快感を覚える。
 過去の作品ではいささか感情的になりすぎるシーンもあり、その作風は時として好みが分かれることがあったが、本作ではドキュメンタリー作家として円熟味を見せるムーア。
人々に知られていない事実にスポットライトを当て、問題を提起する。ドキュメンタリーの基本であり、王道の1本だ。

★8月25日(土)より全国ロードショー

2007年08月06日
シッコ
近藤深雪
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。