朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

男装してサッカースタジアムにGo! ~ オフサイド・ガールズ

 自国では当たり前のことが、一歩広い世界にでると当たり前でないことがある。
イスラム教の教えに基づく厳しい戒律の中、他国に比べて「自由」がないイランの女性たち。彼女たちに対する服装の規正は厳しく、髪の毛、肌、体の線を隠すため、チャドルと呼ばれる全身をすっぽり覆う民族衣装を着用したり、頭部にベールを纏(まと)うのはよく知られるところ。

 しかし、そんなイラン女性にとってご法度な娯楽の一つが、「スタジアムで男性のスポーツを観戦すること」とは知らなかった。実は、イランではサッカーは老若男女問わず人気のスポーツ。しかし、女性はスタジアムに足を運ぶことが許されない。(ちなみに女性のサッカーは、専用のスタジアムで女性の観客のみでおこなわれる。男性のコーチは携帯電話で外から指示をだすというから、なんともまあ。)

 「オフサイド・ガールズ」はそんなイランに暮らす大のサッカー好きの少女達が、代表チームのドイツワールドカップ出場がかかった大事な一戦を生で見るため、あの手この手と奮闘する物語。実際にあった事件を基に、理不尽な規則と戦う元気いっぱいの少女達の姿を、ユーモアたっぷりに描くのは、これまでもイラン女性の「不自由さ」を題材にした映画をとり、海外の映画祭で数々の受賞歴を誇るイラン人監督ジャファル・パナヒ。女性問題を扱いつつ、直球のシリアスな作品でなく、笑いの絶えないエンターテイメント性の溢(あふ)れる1本にしあげた手腕はお見事です。

 サッカー場での少女たちの撮影となれば、トラブルとなることは必死。撮影は、実際に10万人以上の観客があつまったスタジアムで試合中に行われたが、マスコミ等の注目をさけ、密(ひそ)やかに進められた。

 やっとの思いでスタジアムに潜り込むも、取締りの兵士につかまり、スタジアム外の一角の仮留置所にあつめられる少女達。壁の向こうからは、観客達の歓声が。もちろん彼女達はあきらめない。見張りの一人に実況中継を頼む者。また、兵士を質問攻めにする者。
 「何故、女は競技場で男と一緒に座れないの?」「日本人の女はここでイラン戦をみたのに、何故ダメなの?」問い詰められ、だんだん答えがしどろもどろになっていく兵士。なんといっても、少女達が実にチャーミング。全員プロの役者でなく、素人というのが素晴らしい。

 残念ながら、2007年4月現在、今作品はイランで公開されておらず、女性のスタジアム入場問題も、ドイツW杯前、最終予選での一部の特例を除き、法律で禁じられたまま。 
近い将来、イラン女性達がこの作品をみながら「昔は大変だったんだね!」と笑いあう日が来ることを願わずにはいられない。

★9月1日より、シャンテ シネ (日比谷)ほか全国順次ロードショー

2007年07月02日
オフサイド・ガールズ
近藤深雪
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。