朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • トップ
  • 地球発
  • マネー
  • ライフスタイル
  • 極める
  • からだプラス
  • エンタメ

エンタメ

  • 映画散歩TOPへ

映画散歩

シネマでしゃべろ 十人十色、それぞれのイチオシは?

フィンランドの名匠からの贈り物 ~街のあかり

 「街のあかり」では、フィンランドに住むある一人の夜警コイスティネンの物語が描かれています。同僚からはいつもバカにされ、友人もいない。家族も、恋人もおらず一人ぼっち。そんな社会の底辺で静かに、でも夢を見る心を失わず生活する孤独な男。そんな彼に次々と降りかかる不幸を、まるで定点観測でもするようにカメラは淡々と追いかけるのです。

 こう書くと、なんとも気がめいる作品だな、と感じる人が多いと思うのですが、実はそうではないのが一度見るとはまってしまう、フィンランドの鬼才アキ・カウリスマキ作品の魅力。
 2002年には、暴漢に襲われ、記憶喪失そしてホームレスとなった男を描いた「過去のない男」でカンヌ映画祭・グランプリを受賞しているカウリスマキ。彼はこれまでも一貫して、普通の人の普通の生活を掬(すく)い上げ、もはや笑うしかないくらい連続して起きる不幸を描いています。シリアスな物語のはずなのに、どことなく軽快さも兼ね備えた彼の作品。その独特の世界観を作り上げるのに一役かっているのが、とにかく個性的な顔のキャスト。味わい深いというか、貧乏くさい (失礼!)というか、実に素朴な風貌(ふうぼう)の役者達が登場します。

 「街のあかり」の主人公、コイスティネンも、なんとも幸薄そうなしょぼくれ顔。人とのふれあい、愛情を渇望していた彼は、ある日謎めいたブロンド美女に声をかけられます。孤独な日々に差し込んだ一筋の光、と思いきや、実は彼女のバックには強盗団が。
 悪者達は、コイスティネンの夜警という仕事、そして「馬鹿でめめしく」「犬のように従順」な性格に目をつけ、一仕事を企て、彼に罪を擦り付けるのです。
カウリスマキの描き方は極めてシンプル。一切の説明調の台詞を省き、大げさな感情表現は排除。融資を頼みに行った銀行で「クズ」呼ばわりされても、恋心を抱いていた女に利用されたと知っても、コイスティネンは苦痛に顔をゆがめることも、愕然(がくぜん)とうなだれることもない。彼はひたすら仏頂面のまま。まるで、全てを自らの運命とうけいれるように。

 でも、安っぽい感傷を排除した温かいまなざしを、監督が主人公に注いでいることは明らか。作品の根底に流れるその温もりが、観(み)るものをやるせなさから救うのです。
 裏切り、ウソ、不条理に満ちた世界の中で、どこか夢見がちな男。そんな彼に待ち受けるものは? 答えは、「街のあかり」というタイトルが暗示しています。

※7月上旬、ユーロスペースにて公開

2007年05月31日
街のあかり
近藤深雪
トラックバック (0)
  • バックナンバー

ライター紹介

ココログ

画面トップへ

※当サイトの推奨ブラウザは、Windows Internet Explorer6.0以上、Firefox 1.0以上となります。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
どらくに掲載の記事・写真の無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

©朝日新聞社
無断複製転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。